LINEコールで顧客対応の幅を拡げる

本日はLINE公式アカウントの無料通話機能である
LINEコールについてご案内します

■LINEコールとは?

1)ユーザーからLINE公式アカウントへ無料通話ができる
※ユーザーはアプリからのみで、パソコン版からでは通話できません

2)LINE公式アカウントからユーザーへは通話リクエストを送る事ができる

参考)アプリ版から送る方法

3)LINEコールのQRコード、URLを発行することができる
※通話リクエストの有効期間(30分)を設定すると利用できなくなります

4)LINEコールの設定はLINE公式アカウントWeb版、アプリ版両方で可能

5)LINEコールの通話はWeb版、アプリ版両方で可能
※Web版はサポート対象ブラウザGoogle Chromeで、通知許可やマイクの設定が必要です

参考)Web版での通話画面

 

6)LINEコールの利用はチャットモードのみ

7)LINEコールを指定電話番号へ転送ができる
※LINE公式アカウント有料プラン(ライトプラン / スタンダードプラン)のみ利用可能

■LINEコールの設定について

詳しい設定内容はLINE社でご確認いただけます
LINEコールの設定について
※Web版、アプリ版どちらでも設定ができます

ここで気を付けたいところは、
LINEコールの機能をON(利用)にしても、
LINE公式アカウントのプロフィールに「通話ボタン」を表示しないとユーザーからは電話をかけることができません
※友だちとのチャット画面には通話ボタンは表示されません

■LINEコールの利用シーンについて

1)いつでも誰とでも通話可能とする場合
上述のようにプロフィール上へ通話ボタンを常設します
様々な連絡やお問い合わせへの対応として適しているため、ほぼ企業や店舗の固定電話と同じと捉えていただければと思います
勿論、応答時間の設定により営業時間外は通話ができないようにすることも可能です

 

2)必要に応じ任意のタイミングで通話利用する場合
プロフィール上に通話ボタンは常設せず、
LINE公式アカウントからチャットで友だちへ、通話リクエストを送ります
普段チャットで問い合わせ対応をしているけど、チャットではお伝え辛い時など通話を必要と判断した場合に適しています
通話リクエストはチャットメニューからの送信となる為、予め友だちとチャット実績が無いと利用はできません
※通話リクエストはメッセージ配信ではご利用できません

■LINEコールを利用しましょう

以上のことからどんな機能なのか、設定方法や利用シーンについてご案内しました
ほか魅力的な点として、
無料通話となるのでユーザーが通話し易いところ(LINE公式アカウントからも促し易い)でしょう
LINEコールを取り入れることで対応の幅も拡がりイコール、ユーザーサービスの向上に繋がります

■当システムでの場合

LINEコールはLINE社の機能でチャットモード時利用可能となります
したがって、APIで繋がる当システム(BOTモード)ではご利用不可となりますのでご注意くださいませ
当システムをご利用で、LINEコール利用の際はLINE公式アカウントの設定にて、
BOTモードからチャットモードへ変更いただければLINEコールをご利用いただけます

 

以上でございます
如何でしたでしょうか?
ご不明な点等ございましたらどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ

共感または関心いただけたらシェアください

PAGE TOP